高麗人参サプリメントの比較と選び方

高麗人参サプリを飲む上での注意点

古くから漢方薬や、生薬として多くの人に愛用されてきた高麗人参です。
現代ではサプリメントや、ドリンクなど形は様々ですが、摂取する際に気を付ける事や、副作用の有無などについて皆さんはきちんと理解していますか? 高麗人参を摂取するときに気を付けることについて、今日は少し詳しく説明していきます。
これから摂取しようとしている方、今現在摂取している方覚えておいて損はないと思いますので、ぜひ、正しい方法で高麗人参を摂取するように心がけて下さいね。

サプリの注意点を抑えておきましょう!!


○アレルギー、過剰反応がある

高麗人参は医薬品ではありませんから、副作用を心配することはあまりないと思います。
しかしまれに高麗人参を摂取することで起こるアレルギー反応が現れる人がいます。
その時の体調や、体質によっては摂取しない方がいい人もいます。 アレルギー反応としては、肌が赤くなったり、かゆみや発疹が出る事があります。アレルギー体質の人でこのような反応があれば直ちに摂取を辞め、医師に相談しましょう。
また過度の効果を期待するあまりに、高麗人参の過剰摂取は絶対にやめましょう。
過度に摂取する事で大きな効果は得られませんし、かえって体に負担がかかります。
必ず、高麗人参の服用の容量を守り、摂取することを心がけて下さい。 高麗人参の効果が強く出過ぎた場合は、過剰な興奮状態や、下痢、不眠、高血圧などが起こると言われています。
このような症状が出た場合は注意が必要でしょう。

○好転反応がおこる

高麗人参は東洋医学の中でも代表的な生薬です。
生薬には「好転反応」や「メンケン反応」と呼ばれる症状が起こる事があります。このような症状は特に服用を開始し始めた初期の段階に多くみられる症状です。
好転反応は、体内の毒素が排出される時に起こる症状で、頭痛や、腹痛が起こる事を言います。
薬効があらわれ始め、体質が変化する時に起こる好転反応はおよそ、1週間~2週間程度で症状はなくなります。 このように、あくまで一時的ですので、あまり心配することはありません。
悪いものが体外へ出る段階で、文字通り、自分の体が好転へと向かっている証拠だからです。
しかし、症状がいつまでも治まらずに長期間続く場合はやはり医師に相談する必要があるでしょう。

○持病のある人

持病のある人は高麗人参を摂取することで持病に何らかの影響を及ぼす可能性があります。
特に、心臓疾患や、身体組織、血流を良くする効能が悪影響を及ぼす事があります。
また処方されている薬の相互作用の危険性もあります。 (薬の相互作用とはs、薬同士が血液中で影響し合い、お互いの効果を強めたり、弱めたりした結果、副作用がでてしまう事を言います。)
何らかの持病がある人は高麗人参を摂取する際には必ず医師に相談してからにしましょう。

○妊婦、乳幼児、小さい子供

高麗人参の効果は何にでも効く万能薬ですが、その優れた効能によって体が過敏な妊婦さんは摂取しない方がよいでしょう。
小さいお子さんには、その成分が強すぎる事から、摂取を控える事が好ましいとされ、乳幼児に関しては基本的に禁忌されています。
商品によっては、「少量なら摂取してもよい」と記載されているものもありますが、このような事を頭に入れて、副作用なども考慮し、充分に気を付けて与えるようにしましょう。

まとめ

高麗人参の摂取の仕方や、摂取しない方がいい人もいる事がわかったと思います。
そして高麗人参を摂取することで起こる反応もいくつかあります。
万能薬の位人参ですがその優れた効能ゆえに、色々な注意点があるのです。
必ず、容量や、用法を守って正しく摂取し、万が一副作用などが起こった場合はすぐに医師に相談しましょう。




Copyright (C) 高麗人参サプリを比較するポイント All Rights Reserved.