高麗人参サプリメントの比較と選び方

高麗人参の原産地と栽培方法

古くから人々の間で、万能薬として使用されてきた高麗人参には美容と、健康維持に大変効果があると言われています。 高麗人参は自生している天然の物もありますが、18世紀頃初めて栽培に成功してからは、韓国や中国で栽培されるようになりました。 今日は高麗人参の原産地や、その栽培方法などについてより詳しくお話をしていきたいと思います。

日本では難しい高麗人参の栽培実情


○高麗人参発祥の地

高麗人参は別名朝鮮人参とも呼ばれている事からわかるように、初めて栽培に成功したのは朝鮮でした。それまでは栽培する事が非常に難しい食物だと言われていて、自生している天然のものだけが使用せれていました。 現在も主に朝鮮半島や、中国などで天然の高麗人参は自生していますが、厳しい自然の中で育つ為、数も少なくなる為、希少価値が上がりとても高価な物になっています。これは、なかなか手に入れる事が難しい大変貴重なものになります。 今皆さんが普段口にしているものは人の手によって栽培されたものという事になります。

○栽培地として有名なのは

高麗人参の原産地は皆さん知っていますか?高麗人参の原産地は韓国のプンギという所が有名です。天然のものが採取できるところとしては、仁川広域市江華群や、豊基産が有名です。しかし、その自生の物は非常に採取が困難なため、希少価値も高く、肉質も硬く、加工用の原料としても適していて、薬効としても効果があるので韓国内でも手に入りにくいものとなっています。 また豊基は気候条件や、風土が高麗人参の産地としては非常に適しており昔から高麗人参が自生していた所でもあります。 豊基の高麗人参は有機物の豊富な土壌で生成されるため、他の地方の高麗人参よりも採掘時期がひと月ほど遅らせる事が出来ます。このひと月の差が高麗人参にとっては大変大きく、サポニンの含有量も他の物よりも多くなるのです。

○栽培の難しさ

高麗人参はその栽培の難しさや、採取するまでに長い年月がかかる事から非常に手のかかる食物だと言えます。 栽培に適している土壌であるか、また一度採掘した土壌は回復に10年かかる事から、広い土地も必要になってきます。 高麗人参はサポニンの含有量や、品質が最もよくなるのが6年であることから、6年を越したものを6年根と言います。ですからこの6年根を栽培しようと思うと最低6年はかかるのです。また栽培の難しさから栽培したすべてが採掘できるわけではありません。 このように高麗人参は栽培に6年以上かかり、栽培に適した気候や、条件もあり、広い土地も必要になってきます。産地も限られてくるので、天然に比べると少し安いですが、安売りもできない為、やはり高価な漢方薬といえると思います。 しかし、この長い年月と手間暇かけた貴重な高麗人参の効能は今や、多くの方の健康維持や美容食品として世界中の人から愛用されるようになりました。

まとめ

高麗人参は今たくさん出回っています。その産地やサポニンの含有量なども様々です。
よりよいものを求めるならやはり天然ものに勝るものはないのですが、天然物はなかなか高価で手に入りにくいと言われています。
サプリメントや、漢方薬として服用する場合も成分の一部に高麗人参が含まれている場合と、主成分として高麗人参が使用されている場合とあり、価格も効能も様々です。
サプリメントの場合は成分の一部に高麗人参が入っているという場合は安いもので1か月500円から千円程度で購入することが出来ます。 また、高麗人参のみのサプリメントですと、1か月1万円以上するものもあります。
特に選ぶ基準としては、最近、黒参という、高麗人参の中でも最高級のものを使用した、高麗人参サプリメントがあるようなので、そちらのサプリメントがおすすめです。
このように価格も成分もそれぞれ全く違います。多く高麗人参から成分や、含有率をしっかりと調べて、自分の生活スタイルに合ったものを選んでいきたいですね。




Copyright (C) 高麗人参サプリを比較するポイント All Rights Reserved.