高麗人参サプリメントの比較と選び方

高麗人参の副作用まとめ

様々な病気の予防や、美貌、精力増強などに大きな効果を発揮する事がわかっている高麗人参ですが、その成分の強さゆえに、服用をする時には色々な注意点や持病の有無、薬との相互作用、副作用について注意が必要になります。 今日はそのような事を詳しくお話していきたいと思います。

高麗人参サプリ使う上での注意点など


○薬の相互作用

今、何らかの持病があって薬を服用している人は、高麗人参を摂取する時にはいくつか注意しなければいけない事があります。 まず、高麗人参とその薬との相互作用が起こる危険があるという事です。(相互作用とは、薬どうしが、血液中で影響し合い、互いの効果を強めたり、弱めたりすることで副作用が起こる事です) 特に心臓疾患や、出血性の病気などにはこのような作用が働きやすいため、高麗人参を摂取する事は禁忌されています。 何か持病がある人は医師に相談してから摂取するようにしましょう。 もし、併用を してもよいという事になった場合も、高麗人参と薬を同時に服用する事は避けましょう。 それぞれの薬の服用する時間を少し空ける事が好ましいでしょう。

○高麗人参を服用しない方がいい病気

高麗人参は体力を強くするため、ガンの治療薬などのように強い副作用のある薬を服用している場合は副作用を軽減してくれることがあるそうです。 しかし、ガンでも乳がんや、子宮がん、卵巣がんなど女性ホルモンが関係している病気の場合は、悪化させてしまう恐れがあるため絶対に服用しないでください。 また、抗凝固剤などのワルファリンを服用している人も高麗人参との服用は強すぎる為お勧めしません。 このほかにも糖尿病などの人にも悪影響を及ぼします。高麗人参委は血糖値を下げる効果があり、すでにインスリンなどを打っている人は、血糖値が下がりすぎ、低血糖になってしまうからです。 妊婦の方、乳幼児や、小さいお子様に関しても効能が強すぎる為、服用はお勧めしません。

○漢方の好転反応

漢方薬を服用しているとまれに、「好転反応」と呼ばれる症状が起こる事があります。 これは、薬効が現れ始める、初期段階に起こる症状で、体内で悪いものがでて、体をよい方へ改善してくれている証拠なのです。症状としては、利尿作用や、発疹、かゆみ、だるさ、嫌悪感、微熱など人によって症状や、出かたは様々です。 このような症状は1週間から長くても2週間程度でおさまります。 この間、我慢できる程度なら、体の中の有害物質を体外へ出しているのだと思い我慢をして乗り切って下さい。どうしても耐えられないほどの症状でしたら、服用の量を少し減らしてみたり、服用する時間帯を変えてみたりしてみましょう。 この好転反応を超えたら、不思議なくらい体が改善され高麗人参の効果が出てきて体調も以前よりも随分とよくなったという多くの声を聞きます。

○血圧と高麗人参

高血圧の人が高麗人参を服用すると、血流がよくなり、気を高め、交感神経を活発化させるために、血圧が上昇する事から注意が必要だと言われています。 しかし、最近では高麗人参が高血圧の人も摂取してよい、血圧を適正に下げる効果がある事がわかってきました。これは高麗人参の人の恒常性を守るという性質からこのように言われているのです。

まとめ

高麗人参は多くの効能や、効果が期待される優れた漢方薬です。しかし、容量や、用法、注意点を知らずに服用する事は大変危険な健康食品ともいえるのです。 注意点や、副作用についてしっかりと頭に入れておいて、服用する事を心掛けましょう。 また冷え性や、ストレス、美肌、生活習慣病などの根本的な改善がされる事から現代人にとってまさに理想の万能薬と言えるでしょう。高麗人参は私たちの生活になくてはならないもので、うまく摂取することで大変大きな効能をもたらしてくれる健康食品と言えます。




Copyright (C) 高麗人参サプリを比較するポイント All Rights Reserved.