高麗人参サプリメントの比較と選び方

冷え性改善に働く高麗人参

様々な病気の予防に効果を発揮している高麗人参ですが、冷え性にも大変有効な事が分かっています。冷え性の原因は自律神経の失調や、ホルモンバランスの乱れ、低血圧や、貧血など様々ですが日本人の6~7割の人が冷え性に悩まされているという事ですから、とても身近な病気だと言う事ができます。冷え性から場合によっては重大な病気になる事も大いにありますので、たかが冷え性と軽く見ると大変危険だと言えます。今日はこの冷え性と、高麗人参についての関係性を少しお話ししようと思います。
今日は実際にどのような病気の予防に効果があるのか、また注意点などについても詳しくお話ししていこうと思います。

冷え性の豆知識と高麗人参サプリとの関連


○冷え性のタイプ

冷え性といっても大きく分けて、2種類あり、アレルギーから引き起こされる「アレルギータイプ」と、リウマチが原因で起こる「リウマチタイプ」があります。それぞれ治療法や、症状も少し違います。 冷え性は薬などではなかなかよくなりません。薬を服用して一時的にはよくなるかもしれませんが、薬を服用しなくなったらまた冷え性の症状がでてしまい、結果同じことの繰り返しになり根本的な治療法とは言えません。

○冷え性と体温

では、冷え性とは一体体温が何度くらいの事を指すのでしょうか?健康で免疫力にも何の問題もないとされるのは36.5度から37度前後です。免疫力が低下するのは、36度から、36.4度くらいと言われています。35.5度から、35.9度は自律神経の異常、アレルギーなどがでると言われ実際にはこのあたりの体温から.冷え性と言われるようです。また35度以下になると、低体温でがん細胞が活性化してくると言われていて大変危険な状態になります。 近年では無理なダイエットや、摂食障害などからこの危険な状態である35度台の体温の女性が増加しているそうですが、長期間この状態が続くと、がん細胞が活性化する事により、がんになる確率も高くなっていきます。今この低体温の人は病院へ行き、医師に相談して、早急に対策をとる必要があります。

○冷え性には高麗人参

漢方薬、生薬として有名な高麗人参ですが、万能な効能を持っている有用成分「ジンセノサイド」や、「サポニン」という血流の流れをよくする成分が含まれているため、冷え性に悩む多くの方から愛用されています。 「サポニン」は冷え性のみならず、貧血や、高血圧、低血圧(血圧の状態の改善)白血球の活発化、免疫力アップ、ストレス、うつ病などにも大変効果があると言われています。まさに高麗人参は、様々な病気に効果のある万能薬といえます。 病院で薬を貰うと、薬代と、診察代がかり出費も多くなります。しかし、高麗人参は薬局などで手軽に購入する事ができ、また服用の仕方もドリンクタイプや、サプリメント、顆粒など様々で自分に合ったものを選ぶことが出来ます。 また、薬とは違い、体質の改善がされるので根本的な治療ができ、冷え性に長い間苦しんできた人には高麗人参でまず体質の改善をすることをお勧めします。

○冷え性の人はぜひ6年根の紅参を

冷え性に高麗人参がいい事は分かったと思いますが、高麗人参には3種類あって、そのなかでも特にお勧めなのは、紅参というものです。紅参は他の2種類の高麗人参に比べて、皮つきのまま乾かしているので、皮に多く含まれている成分サポニンの含有率が大変高いため、冷え性の改善には特にお勧めなのです。 高麗人参の産地にも注目していただきたいのですが、作る土地や風土によっても全く高麗人参の出来は違ってくるのです。特に有名なところは韓国のプンギ産でしょう。 また今では大変貴重なものになりましたが、6年根の紅参をぜひ選んでいただきたいと思います。選ぶ基準は国際基準での栽培を行う、韓国政府認定の高麗人参がよいでしょう。

まとめ

ぜひ低体温や、冷え性で長年悩んでいる方には一度紅参を試していただきたいと思います。また、高麗人参を選ぶ際にもいくつかの注意点がありますので、ぜひ覚えておくといいでしょう。 たかが冷え性と甘くみず、自分の体をよく知って冷えや、低体温を少しずつ改善し健康的な生活を送ってもらいたいと思います。




Copyright (C) 高麗人参サプリを比較するポイント All Rights Reserved.